きものクリニック&リフォーム

あなたのきものは大丈夫ですか?きものの事なら何でもご相談ください。

当店のきものクリニックメニューです。   クリニック&リフォームのよくあるご質問は→こちら
しみ抜き

¥4,200~¥21,000(汚れの程度によります)

丸洗い

長襦袢¥3,800 袷きもの¥6,500 留袖¥7,400
単衣きもの¥5,200 帯類¥4,600

洗い張り

振袖¥11,300 留袖¥13,000 袷きもの¥11,100 単衣きもの¥7,800 

襦袢¥6,500 帯類¥6,500(すべて裏地、八掛も含みます)

撥水ガード加工

パールトン加工 袷きもの¥11,880 訪問着¥12,960など

紋入れ

おしゃれな縫い紋のご紹介は→こちら

紋付五つ紋¥8,640 染め抜き一つ紋¥8,640

縫い紋(ケシ縫)¥5,800

染め替え

いろいろな染め替えのご紹介は→こちら

無地および小紋染め¥54,800 おすすめ特価! (無地、小紋染ともお仕立て直し料金を含みます

(注)当店では染め替えはすべて、着物を一度解いてから行っております。丸染といわれる着物を解かない方法は、寸法狂い、染替え色の制約などがあるため、お勧めしておりません。

刺繍直し

お見積りいたします

寸法直し

 

着物

襦袢

裄詰め

¥6,500

¥4,900

裄出し

¥9.700

¥8,100

袖丈詰め

¥6,500

¥4,900

袖丈出し

¥9,700

¥8,100

裄袖丈出し

¥11,300

¥9,700

衿裏交換

¥6,500

 

比翼取り付け

¥21,600

 

地衿 掛衿交換

¥8,100

 

身丈直し

¥15,400

 

身巾直し

¥15,400

 

八掛交換

¥15,400

 

胴裏交換

¥17,600

 

肩上げ(祝い着、襦袢)

¥1,800

 

腰上げ(祝い着、襦袢)

¥2,200

 

祝い着丸み作り

¥4,000

¥1,600

カビ取り

袷きもの¥8,800 単衣きもの¥6,825 襦袢4,800

 

 

きものリフォームのいろいろをご紹介

 

<色無地の染め替え>
色無地染め替え 加工前
 

若いころの色無地は、地色が派手になり、、着用しづらくなっていました。ご姉妹の色無地で、上がお姉様、下が妹様の色無地で、いづれも紋意匠の生地を染めたものでした。

↓リフォーム↓
色無地染め替え 加工後
 

それぞれ色抜きを行い、お好きなお色に染めました。

地模様の折柄もきれいに浮きたち、新しいきものになりました。

リフォーム参考価格 ¥54,800

 

 

<袋帯を結び帯(夢結び)にリフォーム>
  結び帯(夢結び)お太鼓  

帯結びができず、着物が着られないと思っている方には、結び帯をお作りしています。当店では裁断しない結び帯(夢結び)をお勧めしています。結び帯にすると一人で簡単に着付けができます。裁断無しの加工ですので、大切な帯を、いつでも元に戻すことができます。ベルト感覚で付けられるので、初心者の方でも簡単ラクラク。マジックテープの土台に伸縮する素材を使用することによって、帯をピッタリとフィットさせ、従来の結び帯では実現できなかった着心地と美しさを可能にしました。

加工料金 ¥10,800

  結び帯(夢結び)胴部分   胴の部分は伸縮するマジックテープで結びます。
  夢結びパンフレット   夢結びパンフレット(PDFファイル512KB)

 

 

<四つ身きものを獅子舞きものと染額にリフォーム>
四つ身きものを獅子舞きものと染額にリフォーム 加工前

絞りと刺繍が豪華な四つ身女の子の着物です。

もう着物として着ることが無いということでしたので、子供さんの獅子舞のお祭り用のきものにリフォームしました。

↓リフォーム↓

四つ身きものを獅子舞きものと染額にリフォーム 加工後

四つ身を染額にリフォーム

袖を平袖に直し、黒繻子の衿、赤い紐を付けて獅子舞用の袴下半着にリフォームしました。

 

 

 

 

 

 

裁断してしまい、いらなくなった裾の絞りと刺繍柄が見事でしたので、額装をお勧めしました。

美しい染額になりました。

玄関に掛けて飾っていただいております。

 

 

 

<黒絵羽織を名古屋帯にリフォーム>
黒絵羽織

 かつては、お子様の入学式、卒業式などにお母様方が、良く着られた黒の絵羽織ですが、近年は訪問着や付下げが主流になり、ご利用の機会が減りました。

黒絵羽織は、刺繍や染めのきれいなものも多く、背中にワンポイントの柄ですので、名古屋帯に加工すると、素敵な黒地の帯になります。

加工料金¥28,000

↓リフォーム↓
黒絵羽織から名古屋帯へリフォーム1
黒絵羽織から名古屋帯へリフォーム

 

<付下げの地色の染め替え>
付下げ染め替え前
 

若いころの付下げは、地色が派手になり、柄の花の色も赤く、着用しづらくなっていました。

↓リフォーム↓
付下げ染め替え後
 

地色を紫がかったグレーに染め替え、柄の輪郭はそのまま生かし、赤過ぎた花の色を、落としました。このリフォームにより、また着物がよみがえり着用していただくことができるようになりました。

リフォーム参考価格 ¥84,000

 

 

<二部式きものにリフォーム>
二部式きものにリフォーム 加工前
大島紬の着物を、日常にちょっときものを着たいときのために、上下二部式きものにリフォームしました。
↓リフォーム↓
二部式きものにリフォーム 加工後
上着は共生地の紐を付けて、腰で蝶々結びに縛ります。下は巻きスカートのように巻いて、新たに縛る紐を付けました。

 

 

 

<男の子の一つ身祝着を屏風にリフォーム>

 

30年前の着物で、全体的に色あせてシミも有りました。
このままではお召しいただけませんが、
お人形の柄の部分が素敵でしたので、
屏風にする事に致しました。

↓リフォーム↓

シミ抜きで取れない汚れは、
金加工でかくし、袖の部分も利用して
屏風にバランスよく配置しました。
思い出のある一つ身が、
タンスに眠らせることなくよみがえりました。

          参考価格 ¥61,500

 

<振袖を花嫁のれん風にリフォーム>

見頃と袖も使い古い振袖を、五巾のれんに加工しました。

華やかな友禅模様で、花嫁のれんとしてもお使いいただけると思います。

 参考価格 ¥40,000

振袖を花嫁のれん風に

のれん柄拡大

 

<四つ身きものを花嫁のれん風にリフォーム>

四つ身を花嫁のれんにリフォーム

四つ身訪問着ののれん

参考価格¥14,000

子供の四つ身の着物は、四巾ののれんにリフォームできます。思い出の着物もこうすれば、眠らせることなくご利用できます。

四つ身を花嫁のれんにリフォーム

四つ身小紋のおしゃれのれん

参考価格¥12,000

 

 

<留袖を壁掛け額にリフォーム>
留袖を額装しました

祖母様の、刺繍の留袖の裾模様を利用して、素敵な刺繍額になりました。 

参考価格 ¥110,000

留袖を額装しました

 

 

<訪問着を道中着コートにリフォーム>
訪問着を道中着コートにリフォーム(加工前)

辻が花柄の美しい訪問着ですが地色が派手になり、コートにリフォームしました。

↓リフォーム↓
訪問着を道中着コートにリフォーム(加工後)
 

コート丈を長めにし、裾の絵柄がなるべく利用できるように、お仕立てを工夫しました。

素敵な絵羽コートになりました。

 

 

小物へリフォーム1裂地を素敵なバッグや巾着などに加工する「趣味の袋物仕立カタログ」は→こちら

PDFファイル 2.39MB

アドビーリーダーダウンロード

PDF形式でダウンロードされるデータをご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。パソコンにインストールされていない方は上のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

 
小物へリフォーム2

リフォームのお問い合わせはこちらご相談、お問い合わせ